除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せと
 相続人の調査の関連性

CONTENTS

戸籍謄本取り寄せ、
除籍謄本、改製原戸籍、
相続人、遺産相続手続き
のサイト


戸籍とは

除籍とは

原戸籍とは

戸籍の附票とは

戸籍謄本とは

除籍謄本とは

改製原戸籍とは

戸籍謄本の取り寄せ先

相続人の範囲

代襲相続と数次相続

遺産相続手続きの種類

戸籍謄本取り寄せ部数

法定相続人に
未成年者がいるとき


法定相続人に
行方不明者がいるとき


遺産相続の手続きの進め方(前半)

遺産相続の手続きの進め方(後半)

除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せと相続人の調査の関連性

サイトマップ

戸籍謄本取り寄せ・除籍謄本・原戸籍・相続人・遺産相続手続き・遺産分割協議の関係リンク集

相続人を調査するには、どうすれば良いのか。

一般の人はまずそこがわからないことになるでしょう。

なんとなく、子供だから、妻だから相続人だろうという感じではないでしょうか?

では、兄弟姉妹は完全に相続人にはなりえないのでしょうか?答えはノーです。

故人の出生〜死亡までの除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せによって、

子供がいない時や、両親、祖父母が全員死亡している時には、

兄弟姉妹が相続人になりえるからです。

では、それは誰が決めているのか。法律で決められているのです。

戸籍謄本を見て、子供がいるのか、両親祖父母の生死などを確認して、

相続人が決定されるのです。

つまり、相続人の調査をするには、必ず、故人の出生〜死亡までの除籍謄本や原戸籍、

戸籍謄本取り寄せを行う必要があるということです。

これを行ってはじめて、相続人の調査を正確にできるからです。

遺産相続手続き上も、この故人の出生〜死亡までの除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本は、

すべて提出しなければならなくなっています。

自分達の相続人の調査にだけでなく、相続手続きの時にも提出しなければならないという、

避けては通れない作業となっているのです。

逆に言えば、1つでも故人の戸籍謄本が不足していれば、

相続人を決めることができないということにもなります。

また、相続人となりうる人全員の戸籍もすべてそろってはじめて、

相続人の調査完了と言えるでしょう。

なぜなら、子供だから相続人と思っても、戸籍上は違っていたり、

すでに亡くなっていたりすることもありえるからです。
CONTENTS
  戸籍謄本取り寄せ、除籍謄本、改製原戸籍、相続人、遺産相続手続きのサイト
  戸籍とは
  除籍とは
  原戸籍とは
  戸籍の附票とは
  戸籍謄本とは
  除籍謄本とは
  改製原戸籍とは
  戸籍謄本の取り寄せ先
 相続人の範囲
 代襲相続と数次相続
  遺産相続手続きの種類
  戸籍謄本取り寄せ部数
 法定相続人に未成年者がいるとき
  法定相続人に行方不明者がいるとき
  遺産相続の手続きの進め方(前半)
  遺産相続の手続きの進め方(後半)
  除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せと相続人の調査の関連性
  サイトマップ
  戸籍謄本取り寄せ・除籍謄本・原戸籍・相続人・遺産相続手続き・遺産分割協議の関係リンク集
Copyright2010 
戸籍謄本取り寄せ、除籍謄本、改製原戸籍(改正原戸籍)、相続人、遺産相続手続きについてのサイト
 
All ぃght RESERVED