遺産相続の手続きの進め方(前半)

CONTENTS

戸籍謄本取り寄せ、
除籍謄本、改製原戸籍、
相続人、遺産相続手続き
のサイト


戸籍とは

除籍とは

原戸籍とは

戸籍の附票とは

戸籍謄本とは

除籍謄本とは

改製原戸籍とは

戸籍謄本の取り寄せ先

相続人の範囲

代襲相続と数次相続

遺産相続手続きの種類

戸籍謄本取り寄せ部数

法定相続人に
未成年者がいるとき


法定相続人に
行方不明者がいるとき


遺産相続の手続きの進め方(前半)

遺産相続の手続きの進め方(後半)

除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せと相続人の調査の関連性

サイトマップ

戸籍謄本取り寄せ・除籍謄本・原戸籍・相続人・遺産相続手続き・遺産分割協議の関係リンク集

遺産相続の発生とは、人が亡くなった時に発生します。

そして、故人には、財産として銀行の預貯金や、不動産等を残している時に、

それらの遺産を受け取る、つまり相続するための手続きをしなければなりません。


まずはじめに行う作業は、遺産に何があるかです。この銀行に1口座、

あの銀行に、普通口座2つと定期が3つなど、概略的に把握します。


そのあと、相続人の確定のために、故人の出生〜死亡までの戸籍謄本を取り寄せます。

これらの戸籍謄本は、最後の遺産相続の手続き時にも必須の書類となっています。

故人の戸籍謄本によって、相続人が誰であるかを確定させます。

子供がいれば、子供。配偶者がいれば、配偶者。

子供がいなければ、次は両親。両親や祖父母も死亡なら次は、兄弟と相続は移ります。

いずれにしても、法律上の法定相続人を正確に把握しなければなりません。

あとでよく戸籍を見てみたら、認知してた子供がいたなんてことになると、

遺産分割協議がもし済んでいても、その認知された子供を加えて、

もう一度協議をしなおすことになるからです。


法定相続人が確定できた段階で、次に全員で遺産相続の分割の仕方について協議します。

協議自体は、まとまれば良いので、わざわざ集まらなくても、手紙とか、電話なりで、

それぞれ個別に話し合いをしても別にかまわないのです。

要は、遺産分割の案に、法定相続人の全員が合意すれば良いからです。


遺産相続の分割方法に協議が整ったら、次にそれを本人達にも第三者にもわかるように、

書面を作成します。これを、遺産分割協議書とも呼びます。

この遺産分割協議書に、法定相続人全員が署名と実印をして、印鑑証明書を付けて完成です。


遺産相続 の関連ページ
CONTENTS
  戸籍謄本取り寄せ、除籍謄本、改製原戸籍、相続人、遺産相続手続きのサイト
  戸籍とは
  除籍とは
  原戸籍とは
  戸籍の附票とは
  戸籍謄本とは
  除籍謄本とは
  改製原戸籍とは
  戸籍謄本の取り寄せ先
 相続人の範囲
 代襲相続と数次相続
  遺産相続手続きの種類
  戸籍謄本取り寄せ部数
 法定相続人に未成年者がいるとき
  法定相続人に行方不明者がいるとき
  遺産相続の手続きの進め方(前半)
  遺産相続の手続きの進め方(後半)
  除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せと相続人の調査の関連性
  サイトマップ
  戸籍謄本取り寄せ・除籍謄本・原戸籍・相続人・遺産相続手続き・遺産分割協議の関係リンク集
Copyright2010 
戸籍謄本取り寄せ、除籍謄本、改製原戸籍(改正原戸籍)、相続人、遺産相続手続きについてのサイト
 
All ぃght RESERVED